【幼女姫】英語版配信開始しました

「おとぎの森の幼女姫」の英語版「Little Princess in Fairy Forest」がAmazonのKindleストアー他で配信開始しました

既にCross Infinitie Worldさんから献本をいただいておりまして(電子書籍の献本なんて初めていただきました)、既に内容には目を通していたのですが、実際にストアで販売が始まり、製品版のファイルを目にすると、とても感慨深く、iPhoneをしみじみと撫でてしまいました。

    

時差の関係で日本ではアメリカのストアより早く配信が始まりました。本来なら配信開始の5/31中にこの日記もアップしたかったのですが、時差があるのでアメリカではまだ5/31と言うことで……。
元々自分の書いた小説なので、ああだいたいこんなことを言ってるんだなと言うのはわかります。
Kindleで英語の本を読むと、わからない単語を長押ししていると翻訳が出てくるので、読みやすい。

冒頭は幼い姫の視点で始まるので、読みやすいです。日本語でもできるかぎり難しい言葉を使わずに書いたのが、英語になっても活かされている。
ギデオンの喋り方はブロークンな言い回しが多く、西部劇の流れ者か、たたきあげの中年刑事、古強者の兵士を思わせます。
対して姫は、ちっちゃな女の子のあどけない言葉遣いと、上品な姫君の物言いが混じっている。
気高き赤いドラゴン、スパイクはエレガントでいかめしい。さながら英国紳士。
一人一人の息遣いや性格、育ちを反映した喋り方が、英語に変換されていてとても新鮮です。

なお、ブックウォーカーでも、予約が始まりました。配信は6/5です。

っそしてまさに今っ! Amazonをチェックしてみたら洋書部門でランキング一位でした! まさかのハリポタ越え!

一位!うわあい、万歳、嬉しい! お買い上げ、ありがとうございます!

そしてお知らせ。

日本語版も、電子書籍で出します!
どこも拾ってくれないので自力でやりました。
出版社に片っ端から当たる中、詐欺まがいの勧誘受けて、吹っ切れたとも申します。
電子書籍なら自分で作れるじゃないか! と。
要求された金額を渡すぐらいなら、趣味に走った装丁を懲らして同人誌ができるぞ、と。

「おすすめしたいけど新刊が無いからすすめられない」
「読みたいけど、買いたいけど、出版社なくなっちゃって本が無い」
読者さんの声。
そして「売りたいんだけど、売る物がない」もどかしさ。

既に一度商業出版で出した本だ。プロの編集さんのチェックを経て形になった完成品じゃないか!
幸い、イラストを使う許可もいただけた。電子書籍なら、在庫を抱えるリスクも無い。

そんな訳でただいま、電子版のファイルの最終チェック中です。
物理書籍版発売の時に白好出版さんのページで公開していた「ケンカのお稽古」と「キャラメる語り」も収録します。
Kindle、楽天Kobo、ブックウォーカーで配信予定です。
続報お待ちください。

おとぎの森の幼女姫英語版「Little Princess in Fairy Forest」は以下の電子書籍ストアで配信中です。日本のストアで買えます。
Amazon Kindleストアー
楽天Kobo
BookWalker

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA