【幼女姫】おとぎの森の幼女姫電子書籍版配信開始

お待たせしました。
「おとぎの森の幼女姫」【電子書籍版】の配信が始まりました。
本編、カバーに使われた今野先生の美麗なイラストを収録。
カラー口絵のみ、ファイルのアップロード量に制限があったので圧縮しなければならなかったのが残念です。

内容は、2017年4月7日発行の物理書籍版の内容を、英語版作成の際に修正したバージョンです。
より児童書寄りのわかりやすい表現に。キャラクター紹介は全て新規です。
さらに、おまけとしてWebに掲載されていたコンテンツ(白好出版さんの解散に伴い、現在は閲覧できません)を収録。

・発売記念SS「ケンカのお稽古」
・キャラクター作成秘話「キャラメる語り(全6回)

をお読みいただけます。
せっかくなので、あとがきも電子書籍版用に新たに書き下ろしました。
絶版から英語版の出版に至る経緯、その後地元新聞の取材を経て自力で日本語版の電子書籍化に踏み切るまでの道のりを、マイルドに記しました。

「読みたい」(でも本が無い)
「英語版が出て嬉しい」
「英語版買いました!」

そんな読者の方々の反応に支えられて出た本です。
もう、「本がないから、読みたい人がいるのに売れない」ことはありません!

「おとぎの森の幼女姫」電子書籍版は次の電子書籍ストアでご覧いただけます。

パソコン、スマホ、iPhone、タブレット端末用でアプリをダウンロードしてお読みいただけます。

Amazon Kindleストアー
楽天kobo
ブックウォーカー

 

どんな本なのか知りたい? こちらの朗読動画をどうぞ。

 

「おとぎの森の幼女姫」英語版「Little Princess in Fairy Forest」は次の電子書籍ストアで配信中です。
いずれも日本のストアで購入できます。


Amazon Kindleストアー 
楽天kobo 
ブックウォーカー 

【幼女姫】英語版配信開始しました

「おとぎの森の幼女姫」の英語版「Little Princess in Fairy Forest」がAmazonのKindleストアー他で配信開始しました

既にCross Infinitie Worldさんから献本をいただいておりまして(電子書籍の献本なんて初めていただきました)、既に内容には目を通していたのですが、実際にストアで販売が始まり、製品版のファイルを目にすると、とても感慨深く、iPhoneをしみじみと撫でてしまいました。

    

時差の関係で日本ではアメリカのストアより早く配信が始まりました。本来なら配信開始の5/31中にこの日記もアップしたかったのですが、時差があるのでアメリカではまだ5/31と言うことで……。
元々自分の書いた小説なので、ああだいたいこんなことを言ってるんだなと言うのはわかります。
Kindleで英語の本を読むと、わからない単語を長押ししていると翻訳が出てくるので、読みやすい。

冒頭は幼い姫の視点で始まるので、読みやすいです。日本語でもできるかぎり難しい言葉を使わずに書いたのが、英語になっても活かされている。
ギデオンの喋り方はブロークンな言い回しが多く、西部劇の流れ者か、たたきあげの中年刑事、古強者の兵士を思わせます。
対して姫は、ちっちゃな女の子のあどけない言葉遣いと、上品な姫君の物言いが混じっている。
気高き赤いドラゴン、スパイクはエレガントでいかめしい。さながら英国紳士。
一人一人の息遣いや性格、育ちを反映した喋り方が、英語に変換されていてとても新鮮です。

なお、ブックウォーカーでも、予約が始まりました。配信は6/5です。

っそしてまさに今っ! Amazonをチェックしてみたら洋書部門でランキング一位でした! まさかのハリポタ越え!

一位!うわあい、万歳、嬉しい! お買い上げ、ありがとうございます!

そしてお知らせ。

日本語版も、電子書籍で出します!
どこも拾ってくれないので自力でやりました。
出版社に片っ端から当たる中、詐欺まがいの勧誘受けて、吹っ切れたとも申します。
電子書籍なら自分で作れるじゃないか! と。
要求された金額を渡すぐらいなら、趣味に走った装丁を懲らして同人誌ができるぞ、と。

「おすすめしたいけど新刊が無いからすすめられない」
「読みたいけど、買いたいけど、出版社なくなっちゃって本が無い」
読者さんの声。
そして「売りたいんだけど、売る物がない」もどかしさ。

既に一度商業出版で出した本だ。プロの編集さんのチェックを経て形になった完成品じゃないか!
幸い、イラストを使う許可もいただけた。電子書籍なら、在庫を抱えるリスクも無い。

そんな訳でただいま、電子版のファイルの最終チェック中です。
物理書籍版発売の時に白好出版さんのページで公開していた「ケンカのお稽古」と「キャラメる語り」も収録します。
Kindle、楽天Kobo、ブックウォーカーで配信予定です。
続報お待ちください。

おとぎの森の幼女姫英語版「Little Princess in Fairy Forest」は以下の電子書籍ストアで配信中です。日本のストアで買えます。
Amazon Kindleストアー
楽天Kobo
BookWalker

 

【お知らせ】新聞に載っちゃった!

2018年4月16日付けの宮崎日日新聞に、記事が載りました。
「若者マガジン」のコーナーで、県内在住のラノベ作家として、明智雅治先生と時野つばきのインタビュー記事が載ったのです。
お話をいただいた時に「わ、わたしごときが」と言う一文が脳裏を電光掲示板みたいによぎったのですが、滅多に無いことだし乗っかろうと。ど田舎特典だと思って(生息数が少ない)「お願いします!」と元気にお返事。

人生楽ありゃ苦もあるさ、波乱万丈どったんばったん大騒ぎな経歴を、すっきりと要領よくまとめていただいて、五体投地したくなりました、はい。顔出しはパスでお願いした結果、iPadと手と本と手書きアイディアノートの写真が出ました。

えらそうな事を抜かしてる割にしまらないオチがつく所だったのですが、滑り込みで(ほんとうに滑り込みで)「おとぎの森の幼女姫」の英語版発売のニュースまで掲載していただき、かっこうがつきました。

売り込みは当たりハズレの差が大きいです。
むしろハズレの率が高いです。
コンテストは出してしまえば、(最終選考まで行かない限り)、酷い言葉を浴びせられたり価値の無いものとして扱われることはないからある意味楽。今はタグひとつつけるだけで参加できるコンテストもある。『待ち』の姿勢で行ける。売り込みより、ずっとハードルは低い。
売り込みは、コンテストより「否定される」率が高い。単に「あ、落ちたか」より、ずっとダメージが大きい。
ものすごく丁寧に「あなたはうちの会社には必要ないよ」と何度も何度も言われて、ひどいときはまるっきり無視されて(しかも決して知らない仲じゃない相手にまで)、泣こうにも涙が出ない瞬間に、何度も何度も襲われます。

きっついです。

だからね。
つらくなったら、休んでいい。
次に書きたくなるまで、休んでいい。ムクムクとやる気が生えてきたら、また始めればいい。
これぐらいふんわりしていると、かえって長く続くものです。投稿時代もふくめて29年、書き続けて体感したこと。

【お知らせ】「おとぎの森の幼女姫」英語版出ます

ララ・リリア姫、世界に飛ぶ。

 2017年4月7日に発売された「おとぎの森の幼女姫」。白好出版さんの解散によって2017年11月に絶版になってしまいましたが。発行より一周年を迎える今日、嬉しいお知らせがあります。

 なんと、英語版が出ます。日本のコミックやノベルを翻訳しているアメリカの出版社Cross Infinity World社から出ます。
 電子書籍で出ます。
 アメリカのAmazonでなければ購入できない? 心配ご無用、日本のAmazon Kindleで買えます!
 発売予定日は5/31。
 その他の電子書籍ストアーからも配信されます。随時情報が出る予定です。
Read more “【お知らせ】「おとぎの森の幼女姫」英語版出ます”

【おとぎの森の幼女姫】10月最初の土曜日に起きたこと

「おとぎの森の幼女姫」が、瞬間最大風速とは言え、アマゾンのSF・ホラー・ファンタジーのカテゴリで二位になった! 最後にいい夢見ることができた……

と思っていたらその先がありました。

まさかの1位。
自分でも確認しに行ったらやっぱり1位。あこがれの「ベストセラー」のタグがよもや著書につく日が来ようとは…。
Read more “【おとぎの森の幼女姫】10月最初の土曜日に起きたこと”

【おとぎの森の幼女姫】10月のはじめの週

この一週間に起きたことを、何と言い表せばよいのか……。

順を追って記して参ります。
まずたいへん残念なことに、10/2付けで白好出版さんの解散(廃業)が発表されました。

合同会社白好出版、解散のおしらせ

これに伴い、拙著「おとぎの森の幼女姫」を含む既刊本は10月いっぱいを持って出荷停止が決定。
つまりは絶版です。
そのお知らせをするとともにツイッターで呼びかけました。


Read more “【おとぎの森の幼女姫】10月のはじめの週”

【幼女姫】サイン色紙展示中

……あるいは消えたプラザの謎。

 

何と! 文筆業始めて14年、初のサイン色紙を書かせていただきました! Bookプラザ文華堂さんで色紙展示中です。ありがとうございます!

Read more “【幼女姫】サイン色紙展示中”

【幼女姫】キャラメる語り公開中

作者と言うものは、いつも自分の作品について語りたくてうずうずしています。何かの拍子にタガが外れたら最後、ツイッターで、日記で、あるいはファミレスや居酒屋の一角で、無駄に熱く語り始めてしまう。そんな因果を背負った因果な生き物なのです。
……で、その後ふっと我にかえってから頭をかかえて「うわああああ」ってのたうちまわる、と。(ここまでで1セット)

そんな作家の業を、何と白好出版さん公式HPで昇華してくださったのです。ありがとうございます!
Read more “【幼女姫】キャラメる語り公開中”

【幼女姫】How to 感想

おとぎの森の幼女姫、無事に先週発売しました。
感想もあがっています。見つけたものは全てありがたく拝読し、「いいね」を押すマンと化しております。

小説を書くのは、暗い夜、山のてっぺんから紙飛行機を飛ばすのにも似ていまして。
どんなにかすかな声でも、どんなに短い言葉でも返って来ると嬉しさのあまり地面の上でごろんごろん転げ回るのです。
ことに寄る辺なきフリーランスの物書き屋にとっては、読んだ人の『反応』は、次の仕事に繋がる大事な命綱。
「たのしーい!」の一言だけで、爆発的に大きな支援となるのです。

いやほんと。冗談抜きで。お仕事ください、と言う時に、読者さんの反応があるのとないのとでは結果が違うのです。
ただ「感想ください! ください!」だけ言われてもどうすればいいかわからないよ!
はい、ごもっとも!
そこで、いくつか「こうすると届きます」と言う具体例を上げさせていただきます。
ぜひご参考に!
Read more “【幼女姫】How to 感想”

【幼女姫】感激!手書きPOPありがとうございます。

BOOKプラザ文華堂さんが、「おとぎの森の幼女姫」の手書きPOPを作ってくださいましたぁあッ!
感激です。小説書いててよかった……。


Read more “【幼女姫】感激!手書きPOPありがとうございます。”