おとぎの森の幼女姫仏語版発売!

 おとぎの森の幼女姫フランス語版 La petite princesse et la forêt enchantée 電子書籍版が発売されました。現在はAmazonKindleで買えます。手続きは普通に日本語でできるから安心。

 転生しない、イケメンでもない、ハーレムも作らない、チート能力も無い、スローライフもしないファンタジー小説。

 令和の時代においてはもはや異色作。最初に「フランス語版を出版したい」と言うオファーをいただいた時は「え?」となったくらいのレアケースでございます。9月には物理書籍も出てしまうのです。

LaNovel Éditionさんには感謝しかありません。

Read more “おとぎの森の幼女姫仏語版発売!”

【おしらせ】幼女姫フランス語版が出ます

情報解禁です。
7/1に発表されました通り、「おとぎの森の幼女姫」がフランス語に翻訳されます。
LaNovel Édition社より、電子書籍と紙書籍で出版されます。

タイトルは La petite princesse et la forêt enchantée
イラストはもちろん今野隼史先生。

日本語版の電子書籍に収録されたキャラクター誕生秘話と、おまけ短編が収録されています。

英語版は自分で営業してあちこち回った結果つかんだご縁でしたが、今回は何と先方からオファーをいただきまして。
あんまりにびっくりして犬相手に「これは現実ですか」と話しかけ、落ち着くために素数を数えたくらいです。

日本語の書籍が出てから4年めのまさかの快挙。
そう、快挙です。
「おとぎの森の幼女姫」は、アマチュア時代から数えて20年重ねたトライ&エラーの中で得た数少ない成果なのです。
それだけに今回のフランス語版出版は、大きな喜びです。
日本語版書籍に収録された著者紹介文もフランス語に翻訳されています。
つまり特撮とサメ映画好きをフランス語圏にまで広めてしまうと言うことです。
何ということでしょう!

改めてフランス語で新たな読者さんたちにご挨拶したいところなのですが、英語もおぼつかないレベルの語学力ではそうも行かず。
しかしながら幸いにも仮面ライダーセイバーでぴったりの言葉を学びました。
ここで使うしかない。

それではみなさま Bonne lecture!


「おとぎの森の幼女姫」日本語版は現在、電子書籍で販売中です。

なお、書籍版は、宮崎市立図書館でお読みいただけます。

絞め殺しの藤完売のお知らせ

同人誌絞め殺しの藤、完売しました。
2017年の発刊から三年かけて、イベントと通販でこつこつと。こつこつと。
この三年の間に『おっさんカップル』と言う組み合わせが驚くほどに広まって、本を出した当時は「こんなニッチな上にニッチを塗り重ねた本の需要があるのか」と心細くなる一方で「でも作りたいんだもん!」と振り切った。
装丁はとことん好みに走りその分、部数は抑え気味にして出した本でした。

Read more “絞め殺しの藤完売のお知らせ”

おとぎの森の幼女姫ペーパーバック届きました

先日お伝えした「おとぎの森の幼女姫」英語版「Little Princess in Fairy Forest」のペーパーバックが届きました。
日本で言うところの文庫判に相当する、お気軽に読めるソフトカバーの本。
 

Read more “おとぎの森の幼女姫ペーパーバック届きました”

【お知らせ】おとぎの森の幼女姫ペーパーバック版発売

嬉しいお知らせです。この上もなく嬉しい。
Cross Infinity World社から電子版が発売中の英語版が、ついに紙書籍として、そう、ペーパーバックとして、9/19に発売されました!

Read more “【お知らせ】おとぎの森の幼女姫ペーパーバック版発売”

「どっちのiが好きですか?」シナリオ書きます

既に6/21に公式発表されていますが、HOOK SOFTさんの新作「どっちのiが好きですか?」でシナリオライターとして参加しています。 リンク先サイトに年齢制限あります。

特設サイトはこちら

久々のゲームシナリオです。えーと、3年ぶりでした。発売は11月20日予定とのこと、よろしくお願いします。
一人のヒロインでも「リードする」「リードされる」で二つのルートがありまして、実質2パターンの恋愛が楽しめると言うサービス満点の構成。
1人のヒロインとの2通りのイチャイチャらぶらぶをみっちりぎっしりお楽しみいただけます。

Read more “「どっちのiが好きですか?」シナリオ書きます”

英語版幼女姫、書籍化します

これまでCross Infinite World社より電子書籍として配信されていた「おとぎの森の幼女姫」英語版「Little princess in Fairy forest」が、ペーパーバックとして出版されることが決定しました。

表紙、イラストはもちろん、今野隼史先生です!

夢のようです。再び、紙の本として、出版されます。

紙書籍として出版→絶版→地元新聞で記事になる→英語版電子書籍として配信→日本語版を自力で電子書籍として復刻→ペーパーバックとして再び紙書籍出版

と、しみじみ波乱万丈の経歴を辿りつつここまで来ました。
これもひとえに、ツイッターを通じて応援していただけたおかげです。
ありがとうございます。

発売日が決まりましたら、お知らせして行きます。

【幼女姫】おとぎの森の幼女姫電子書籍版配信開始

お待たせしました。
「おとぎの森の幼女姫」【電子書籍版】の配信が始まりました。
本編、カバーに使われた今野先生の美麗なイラストを収録。
カラー口絵のみ、ファイルのアップロード量に制限があったので圧縮しなければならなかったのが残念です。

内容は、2017年4月7日発行の物理書籍版の内容を、英語版作成の際に修正したバージョンです。
より児童書寄りのわかりやすい表現に。キャラクター紹介は全て新規です。
さらに、おまけとしてWebに掲載されていたコンテンツ(白好出版さんの解散に伴い、現在は閲覧できません)を収録。

・発売記念SS「ケンカのお稽古」
・キャラクター作成秘話「キャラメる語り(全6回)

をお読みいただけます。
せっかくなので、あとがきも電子書籍版用に新たに書き下ろしました。
絶版から英語版の出版に至る経緯、その後地元新聞の取材を経て自力で日本語版の電子書籍化に踏み切るまでの道のりを、マイルドに記しました。

「読みたい」(でも本が無い)
「英語版が出て嬉しい」
「英語版買いました!」

そんな読者の方々の反応に支えられて出た本です。
もう、「本がないから、読みたい人がいるのに売れない」ことはありません!

「おとぎの森の幼女姫」電子書籍版は次の電子書籍ストアでご覧いただけます。

パソコン、スマホ、iPhone、タブレット端末用でアプリをダウンロードしてお読みいただけます。

Amazon Kindleストアー
楽天kobo
ブックウォーカー

 

どんな本なのか知りたい? こちらの朗読動画をどうぞ。

 

「おとぎの森の幼女姫」英語版「Little Princess in Fairy Forest」は次の電子書籍ストアで配信中です。
いずれも日本のストアで購入できます。


Amazon Kindleストアー 
楽天kobo 
ブックウォーカー 

【幼女姫】英語版配信開始しました

「おとぎの森の幼女姫」の英語版「Little Princess in Fairy Forest」がAmazonのKindleストアー他で配信開始しました

既にCross Infinitie Worldさんから献本をいただいておりまして(電子書籍の献本なんて初めていただきました)、既に内容には目を通していたのですが、実際にストアで販売が始まり、製品版のファイルを目にすると、とても感慨深く、iPhoneをしみじみと撫でてしまいました。

    

時差の関係で日本ではアメリカのストアより早く配信が始まりました。本来なら配信開始の5/31中にこの日記もアップしたかったのですが、時差があるのでアメリカではまだ5/31と言うことで……。
元々自分の書いた小説なので、ああだいたいこんなことを言ってるんだなと言うのはわかります。
Kindleで英語の本を読むと、わからない単語を長押ししていると翻訳が出てくるので、読みやすい。

冒頭は幼い姫の視点で始まるので、読みやすいです。日本語でもできるかぎり難しい言葉を使わずに書いたのが、英語になっても活かされている。
ギデオンの喋り方はブロークンな言い回しが多く、西部劇の流れ者か、たたきあげの中年刑事、古強者の兵士を思わせます。
対して姫は、ちっちゃな女の子のあどけない言葉遣いと、上品な姫君の物言いが混じっている。
気高き赤いドラゴン、スパイクはエレガントでいかめしい。さながら英国紳士。
一人一人の息遣いや性格、育ちを反映した喋り方が、英語に変換されていてとても新鮮です。

なお、ブックウォーカーでも、予約が始まりました。配信は6/5です。

っそしてまさに今っ! Amazonをチェックしてみたら洋書部門でランキング一位でした! まさかのハリポタ越え!

一位!うわあい、万歳、嬉しい! お買い上げ、ありがとうございます!

そしてお知らせ。

日本語版も、電子書籍で出します!
どこも拾ってくれないので自力でやりました。
出版社に片っ端から当たる中、詐欺まがいの勧誘受けて、吹っ切れたとも申します。
電子書籍なら自分で作れるじゃないか! と。
要求された金額を渡すぐらいなら、趣味に走った装丁を懲らして同人誌ができるぞ、と。

「おすすめしたいけど新刊が無いからすすめられない」
「読みたいけど、買いたいけど、出版社なくなっちゃって本が無い」
読者さんの声。
そして「売りたいんだけど、売る物がない」もどかしさ。

既に一度商業出版で出した本だ。プロの編集さんのチェックを経て形になった完成品じゃないか!
幸い、イラストを使う許可もいただけた。電子書籍なら、在庫を抱えるリスクも無い。

そんな訳でただいま、電子版のファイルの最終チェック中です。
物理書籍版発売の時に白好出版さんのページで公開していた「ケンカのお稽古」と「キャラメる語り」も収録します。
Kindle、楽天Kobo、ブックウォーカーで配信予定です。
続報お待ちください。

おとぎの森の幼女姫英語版「Little Princess in Fairy Forest」は以下の電子書籍ストアで配信中です。日本のストアで買えます。
Amazon Kindleストアー
楽天Kobo
BookWalker

 

【お知らせ】新聞に載っちゃった!

2018年4月16日付けの宮崎日日新聞に、記事が載りました。
「若者マガジン」のコーナーで、県内在住のラノベ作家として、明智雅治先生と時野つばきのインタビュー記事が載ったのです。
お話をいただいた時に「わ、わたしごときが」と言う一文が脳裏を電光掲示板みたいによぎったのですが、滅多に無いことだし乗っかろうと。ど田舎特典だと思って(生息数が少ない)「お願いします!」と元気にお返事。

人生楽ありゃ苦もあるさ、波乱万丈どったんばったん大騒ぎな経歴を、すっきりと要領よくまとめていただいて、五体投地したくなりました、はい。顔出しはパスでお願いした結果、iPadと手と本と手書きアイディアノートの写真が出ました。

えらそうな事を抜かしてる割にしまらないオチがつく所だったのですが、滑り込みで(ほんとうに滑り込みで)「おとぎの森の幼女姫」の英語版発売のニュースまで掲載していただき、かっこうがつきました。

売り込みは当たりハズレの差が大きいです。
むしろハズレの率が高いです。
コンテストは出してしまえば、(最終選考まで行かない限り)、酷い言葉を浴びせられたり価値の無いものとして扱われることはないからある意味楽。今はタグひとつつけるだけで参加できるコンテストもある。『待ち』の姿勢で行ける。売り込みより、ずっとハードルは低い。
売り込みは、コンテストより「否定される」率が高い。単に「あ、落ちたか」より、ずっとダメージが大きい。
ものすごく丁寧に「あなたはうちの会社には必要ないよ」と何度も何度も言われて、ひどいときはまるっきり無視されて(しかも決して知らない仲じゃない相手にまで)、泣こうにも涙が出ない瞬間に、何度も何度も襲われます。

きっついです。

だからね。
つらくなったら、休んでいい。
次に書きたくなるまで、休んでいい。ムクムクとやる気が生えてきたら、また始めればいい。
これぐらいふんわりしていると、かえって長く続くものです。投稿時代もふくめて29年、書き続けて体感したこと。